ボトックス注射で気になる顔の悩みを解消|顔の輪郭が驚愕縮小

女性

注射でシワ取り

お腹

治療の注意点

ボツリヌス毒素を注入する美容注射はシワに有効な注射ですが、中には効かないシワもあります。基本的にボトックス注射は笑ったときに目じりにできるシワや、怒った時に眉間にできるシワなど、表情を作ったときにできるシワに効果があります。効果がないのは、表情を作らなくても常時できているほうれい線などのシワです。通常、ほうれい線にはボトックス注射ではなくヒアルロン酸注射が使われます。妊娠中や授乳中の人、神経筋疾患の人、緑内障の人、その他にボツリヌス毒素に対してアレルギーがある人などは、ボトックス注射が禁止されています。また、クリニックによっては20歳未満の未成年者や65歳以上の高齢者への施術を禁止しているところもあります。ボトックス注射をしたあとの注意点ですが、注射をしたあとは患部を強く揉むのは厳禁です。せっかく入れたボトックスが移動してしまい、効果が減少してしまいます。同じようにボトックスが移動してしまうので、注射後3時間ぐらいは横にならないようにする必要があります。ボトックス注射をした当日から洗顔も化粧もできますが、腫れが気になるようなら入浴はせず、シャワーだけで済ませることをお勧めします。

切らないでシワを消す

ボトックス注射はボツリヌス毒素(ボツリヌストキシン)による、注射式のシワ取りです。気になる目じりの小じわやおでこにできる横ジワも、注射器一本で手軽に解消できます。ボツリヌス毒素には、神経から筋肉に命令される伝達物質をブロックする性質があります。そのため、ボトックス注射をすると筋肉が神経から命令を受けなくなり、ボトックスが効いている間は働きが取れなくなります。動きが取れなくなった筋肉は収縮する機能が弱まるので、それによって顔にシワができなくなります。ボトックス注射はもともと眼瞼痙攣や斜視を治療するための注射として開発されました。それがシワにも効果があるということがわかり、近年美容外科クリニックでも使われるようになりました。シワだけではなく、咬筋を収縮させてエラ顔を解消する小顔ボトックスや、ふくらはぎの筋肉を抑えるふくらはぎボトックスなどもあります。切開して縫合する手術とは違い、ほとんどリスクや後遺症がなく、とても安全性が高いプチ整形です。施術は5分〜10分ぐらいで終わり、ダウンタイムなしで簡単にできます。料金が一回1万円〜3万円とリーズナブルなところも、ボトックス注射が人気の理由のひとつです。